【速報】Scrivener 3 for Windowsはbeta 1が配布開始。縦書きは…

公式ブログで言及されてきたとおり、20日のmacOS版のリリースと同時に、Windows版の新バージョンのbeta 1の配布が始まりました。Mac版のベータはテスターを限定していましたが、Windows版のベータは登録なしに誰でもダウンロードできるようです。

beta1の使用期限は12月23日。一般的にベータプログラムでは、期限までに次のベータ版が配布され、使用期限もそのたびに延長されるしくみです。Scrivenerもおそらくそうなるでしょう。

ちなみに、いまver.1を買うと、ver.3へ無料でアップグレードできるキャンペーンが始まっています(ver.3紹介ページなかばあたりの「Scrivener 3 for Windows」を参照)。

インストール

beta 1の告知ページの末尾からダウンロードできます。ファイルサイズは約103MB。インストーラは一般的なウィザード形式です。

すでにver.1をインストールしている場合は、フォルダの名前を「Scrivener3」などと変えれば、同じシステムにインストールできるようです。ただし、どのファイルを参照しているかわからないので、同時に起動するのはやめておくほうがよいでしょう。

表示の翻訳はまだver.1相当か

ざっと全体を見たところ、ラベルを使ったコルクボードでの整列など、いくつかの新機能は組み込まれているようです。

ただし、告知ページにあるとおり、翻訳に関してはまだ進んでいないようです。ver.1と同様にアプリの環境設定として画面表示の言語を指定できますが、日本語は相変わらず「Preview」でした。

縦書きは(まだ?)ない

Scrivener 3 for macOSで縦書きに設定したプロジェクトをbeta 1 for Windowsで開いたら、横書きになりました。また、縦書きに変更するコマンドは、少なくともMac版と同じメニュー階層にはありません。ざっと見たところ、ほかにそれらしいコマンドもありません。

ほかにも、いずれかのプロジェクトを開いておかないと環境設定もできないインターフェース、フォルダを開いて「scrivx」ファイルを開く必要があるプロジェクト保管形式はver.1と同じでした。

正式リリースまでにどうなるかわかりませんが、とりあえず速報でした。

広告